アンドアとは

アンドアとは

存在意義

あきらめをきっかけに

アンドアは、”あきらめ”を悪いことだとは思いません。仕事をする中で、暮らしの中で、頑張りたくても諦めてしまった経験を次の挑戦に向けて原動力にしていく。”あきらめ”という思いを”きっかけ”にして進んでいくための事業と組織を作り続けていきます。

目指す理想の姿

失敗にあたたかい社会を実現する

一度失敗してしまえば、そこからは落ちていく一方。
失敗した経験から学び、次の挑戦につなげていくのが本来あるべき姿ではないかと考えます。
誰しもが失敗をしたことがあるでしょう。そして、そこから学んできたはずです。ビジネスの世界でも失敗から学び、次の挑戦を歓迎できる。
そのような社会を作っていくことを目指していきます。

果たす行動

本来の力を思いのままに

人が持つ可能性は大きなものです。
その人が持つ本来の力を引き出し、高めていくことが、その可能性を最大化していきます。
アンドアは、一人一人の本音と向き合い、組織の課題と向き合い、本来の力が発揮できる環境とあり方を支援します。

message

私自身、キャリアの中で”あきらめた”回数はとても多いと思います。浪人、フリーター、非正規雇用などを転々とし、同年代の友人とは違うキャリアであることを隠すように生きていた時期もあります。

以前、とても素晴らしい才能やリソースを持ちながらも、モチベーションが上がらずに停滞している組織がありました。「何かが無い」ことを理由に動かないのです。それは過去の自分とよく似ていました。ただ、その「何か」を探し続けると、結局「自分が何を目的に仕事をしたいのか」という問いに行き着くのです。

何度もうまくいかない境遇を経験したためか、気づけば「目的を問うこと」が特技になっていました。そして、今まであきらめてきた人生は、講師/コーチ業のブランディングに役立っていることに気づきました。

目的を問い、「その人」や「チームならでは」を作る。それが、アンドアが大切にする「あきらめをきっかけに」変えていく姿です。

代表取締役社長

堀井 悠

代表取締役社長 堀井 悠
講師/コーチ概要
若手社員の能力開発に特化した企業研修のファシリテーター兼プロアスリートのコーチ。
人や組織が“あきらめる”メカニズムを探求し、【より自分らしい能力】を発揮するファシリテーションを得意とする。年間約3,000人の新人育成をはじめとし、年間約120案件の人材・組織開発案件に着手。
仕事でのモットーは「痛みに寄り添いながら選択肢を拡げる」。
得意分野
チームマネジメント|ファシリテーション|1on1コーチング|育成体系構築|若手の発意を活かす組織風土改革|共感を生み出す組織開発|社内講師養成
学習履歴
慶應義塾大学 総合政策学部卒業
専攻:航空自由化政策論、自立分散協調型組織論、コミュニティガバナンス
経歴
スターバックスコーヒージャパン/国内大手学習塾/株式会社リクルート/リ・カレント株式会社にて研修企画・登壇に従事
2022年アンドア株式会社創業
活動実績
アンドア株式会社代表取締役/人材開発トレーナー|コミュニティマネジャー養成BUFF修了|プロティアンキャリア検定保有|ICF認定Coach Approach Ministries会員
講演・執筆実績
  • ・日本の人事部HRカンファレンス「組織開発の潮流 腹落ち未来づくり」(2018 鬼本昌樹氏、堀井悠)
  • ・日本の人事部HRカンファレンス「組織開発の可能性 理念浸透の5ステップ」(2019 小林孝氏、堀井悠)
  • ・ビジネス誌『企業と人財』産労総合研究所 特集「中堅社員のフォロワーシップ(2020)」
  • ・リ・カレント株式会社なんじゃ祭「イノベーションを創造する人財と組織」(2020河瀬誠氏、竹林一氏、堀井悠)
  • ・日本の人事部HRカンファレンス「ハウス食品研究所が挑む、仕掛けで導く職場変革」(2021 岩国隆司氏、伊達洋駆氏、堀井悠)
  • ・日本の人事部HRカンファレンス「30歳代マネジメント育成の新常識 ~年上部下やZ世代部下を持つマネジャーのキャリア開発事例~」(2022 佐藤美咲氏、堀井悠)

会社概要

会社名
アンドア株式会社
設立
2022年6月1日
代表取締役
堀井 悠
本店
神奈川県横浜市西区北幸1-1-8エキニア5階HamaPort
事業内容
  • ・人材開発研修事業
  • ・組織開発ワークショップ事業
  • ・組織・能力診断事業
  • ・パーソナル&チーム・コーチング事業